バドミントンのルール解説(シングルスについて)

   
 

バドミントンのルール解説(シングルスについて)をします。まず、バドミントンのシングルスについてですが、バドミントンのコートは全長で縦が13.4メートル、幅6.1メートルあります。シングルスでは、内側のサイドラインを使用します。

シングルスでラリー中の場合は、サイドラインは内側のライン「シングルスサイドライン」までがインエリアとなります。主なルールとしては、1セット21点マッチの3ゲームを行います。

その内2ゲーム先取した方が勝ちです。20対20になった時には、2点差が付くか、先に30点取った方が勝ちになり1セットゲットできます。

一方のポイントが11点を数えた時には1分間未満の休憩時間を設けます。ゲームの間は2分間を越えない休憩を設けます。このため、最初の内は体内時計がそれほど敏感ではないので、タイムキーパーをつけて併せて得点係をしてもらうといいでしょう。

バドミントンのサーブはシングルスもダブルスも同じでサーバーから見て対角線側にサーブを打ちます。

シングルスのサービスについてですが、ショートサービスラインからバックバウンダリーラインの間にシャトルが入るように打つ必要があります。もしも、ショートサービスラインよりもネット側に落ちてしまった場合は、アウトとなり、レシーバー側の得点になってしまいます。

サービスについて

偶数点と奇数点でも対応が異なります。0を含む偶数点では、コートの右側からサービスします。対角線上にいるレシーバーとの打ち合いです。一方、奇数点は左側からサービスを行い、レシーバーも左側に位置します。

奇数点の時はサーバーとレシーバーはフォルトかラリーが終了するまで交互にシャトルを打ちます。サービスをした人がラリーを勝った場合、ポイントが1点入り続けてサービスをします。レシーブをした人がラリーに勝った場合、ポイントが1点入りサーブ権も異動します。

テニスの様なセカンドサービスは無いので、常にサービスは1本勝負です。シャトルの位置ですが、自分の胸よりも下の位置からスタートします。このため、テニスの様に上にトスを上げるなどということは出来ません。

上から打つことが出来ないので、必ず下から上に持ち上げるサービスになります。

サービスをする際は、基本的に前後の動きで相手のスタミナを奪うゲームなので、ショートサービスラインより奥のネット近くに落とすかロングサービスライン(後ろのライン)ぎりぎりを狙ってゲームを展開します。

スポンサーリンク

レットについて(第14条)

レットはプレーを主審またはプレーヤーが判断します。

(レットと言ってもう一回サーブを打つことが出来ます。打ち直しに当たりますので、ポイントは入りません。)

審判がいない時は選手同士で判断します。

下記の場合レットとなります。

  • レシーバーの体制が整う前にサーバーがサービスをした時
  • サービスの時とレシーバー両方がフォルトした時
  • サービスが打ち返された後のラリー中にシャトルがネットの上に乗った時
  • ネットを超えてネットにひっかかった時。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

バドミントン初心者の方へ

バドミントンゲームの流れ

バドミントン初心者きほん

バドミントンに必要な道具

ピックアップ記事

  1. バドミントンラケットの握り方と振り方

  2. 「ヘアピンの打ち方」とポイント練習メニュー

  3. ウエスタングリップの持ち方とポイント

  4. バドミントン 守備の要 レシーブ

  5. バドミントン 速いドライブのコツ

  6. フットワークがバトミントン上達の近道「フットワークの知識とポイント」

  7. バドミントン基礎知識

  8. イースタングリップの持ち方とポイント

  9. バドミントンに必要不可欠な体力

  10. 「ロブの打ち方」とポイント練習メニュー

バドミントン道具

バドミトンサークル・クラブ紹介【全国】

  1. 愛知県のバドミントンサークルを紹介「バドミントンサークル学生会」

  2. 大阪のバドミントンサークルを紹介「パステルカラービギナーファースト」

  3. 東京のバドミントンクラブを紹介「BASARA」

基礎知識「バドミントン」

ページ上部へ戻る