「ロブの打ち方」とポイント練習メニュー

スポンサーリンク

ロブ(ロビング)とは

ネット付近に落ちてきたシャトルを相手のコートの奥まで打ち上げるショットです。

ロブのポイント

ネット側のシャトルをそのまま打ち返すと相手のチャンスとなってしまうので、しっかりと打ち上げることが大切です。ロブは腕を大きく振って打つのではなく、肘から手首までをしならせることが重要となります。初心者の方の中には大きく打とうとしてバックスイングを大きくしてしまう方が多いですが、それでは相手のコートの奥までは届きにくくなります。イメージとしては手を鞭のようにして素早く振ると遠くへと飛ばしやすいです。下半身も重要であり、膝のクッションを上手く活用します。そのため、打つ前に少し膝を曲げておくことがポイントになります。

練習メニュー

バドミントンロブの打ち方を練習するには誰かに協力してもらってネット側にシャトルを落としてもらうのがおすすめです。チームメイトと2人組で練習すれば、お互いにチェックし合えます。練習メニューにおいては特定の場所ばかりにシャトルを落としてもらうのではなく、フォアやバックハンドの位置に落としてもらう練習をしておくと実践に向けて役立ちます。シャトルを落とす側の方から見るとどこが良くて、どこが良くなかったかが分かるので、シャトルを落とす側に回るのも良い練習になります。バドミントンでロブを習得すればネット際のピンチを凌いで仕切り直すことができるので、試合に勝つためには欠かせないショットと言えます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. イースタングリップの持ち方とポイント

    バドミントンを始める時にはラケットの持ち方が重要となります。 友人同士で遊び感覚でバドミントン…
  2. バドミントンラケットの握り方と振り方

    どのスポーツでも体の動かし方がスポーツをする中で、とても重要な要素のひとつとなります。 「小さ…
  3. フットワークがバトミントン上達の近道「フットワークの知識とポイント」

    バドミントンがなかなか上達しなければ試合をしてみても、いつも負け続けになってしまいます。 それ…
  4. バドミントン基礎知識

    バドミントン基礎知識 バドミントンの基礎知識を紹介します。基礎知識とはバドミントンを始める前に知っ…
  5. ウエスタングリップの持ち方とポイント

    バドミントンをする時に覚えておきたいのが、グリップの持ち方です。 持ち方によって、シャトルを打…

ピックアップ記事

  1. 2017-3-24

    バドミントングリップテープの種類と重要性

    運動不足の解消に、スポーツをするというのは有効な手段です。 また、スポーツといってもいろいろな…
  2. 2017-1-29

    バドミントンバッグの種類

    バトミントンバッグは、最初にラケットを購入した時についてくる1本だけが入るタイプのものをそのまま利用…
  3. 2017-1-28

    バドミントンラケットの選び方

    バトミントンをする時にシューズと同じぐらい重要かもしれないのがバトミントンラケットの選び方と言えるか…

基礎知識「バドミントン」

  1. ヘアピンとは バドミントンのヘアピンはスマッシュなどの大技ではありませんが、こちらもバドミントンを…
  2. バドミントン基礎知識 バドミントンの基礎知識を紹介します。基礎知識とはバドミントンを始める前に知っ…
  3. バドミントンがなかなか上達しなければ試合をしてみても、いつも負け続けになってしまいます。 それ…
  4. バドミントンを始める時にはラケットの持ち方が重要となります。 友人同士で遊び感覚でバドミントン…
  5. バドミントンをする時に覚えておきたいのが、グリップの持ち方です。 持ち方によって、シャトルを打…
ページ上部へ戻る