「ロブの打ち方」とポイント練習メニュー

スポンサーリンク

ロブ(ロビング)とは

ネット付近に落ちてきたシャトルを相手のコートの奥まで打ち上げるショットです。

ロブのポイント

ネット側のシャトルをそのまま打ち返すと相手のチャンスとなってしまうので、しっかりと打ち上げることが大切です。ロブは腕を大きく振って打つのではなく、肘から手首までをしならせることが重要となります。初心者の方の中には大きく打とうとしてバックスイングを大きくしてしまう方が多いですが、それでは相手のコートの奥までは届きにくくなります。イメージとしては手を鞭のようにして素早く振ると遠くへと飛ばしやすいです。下半身も重要であり、膝のクッションを上手く活用します。そのため、打つ前に少し膝を曲げておくことがポイントになります。

練習メニュー

バドミントンロブの打ち方を練習するには誰かに協力してもらってネット側にシャトルを落としてもらうのがおすすめです。チームメイトと2人組で練習すれば、お互いにチェックし合えます。練習メニューにおいては特定の場所ばかりにシャトルを落としてもらうのではなく、フォアやバックハンドの位置に落としてもらう練習をしておくと実践に向けて役立ちます。シャトルを落とす側の方から見るとどこが良くて、どこが良くなかったかが分かるので、シャトルを落とす側に回るのも良い練習になります。バドミントンでロブを習得すればネット際のピンチを凌いで仕切り直すことができるので、試合に勝つためには欠かせないショットと言えます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. バドミントン基礎知識

  2. バドミントンラケットの握り方と振り方

  3. 「ヘアピンの打ち方」とポイント練習メニュー

  4. ウエスタングリップの持ち方とポイント

  5. イースタングリップの持ち方とポイント

バドミトンサークル・クラブ紹介【全国】

  1. 東京のバドミントンクラブを紹介「BASARA」

  2. 東京のバドミントンサークルを紹介「ぽかぽかサークル」

  3. 大阪のバドミントンサークルを紹介「パステルカラービギナーファースト」

基礎知識「バドミントン」

ページ上部へ戻る