フットワークがバトミントン上達の近道「フットワークの知識とポイント」

   
 

バドミントンがなかなか上達しなければ試合をしてみても、いつも負け続けになってしまいます。

それでは、競技を心から楽しむことはできませんし、どこかであきらめも出てきてしまうことになるでしょう。

諦めてしまえばそれ以上に上達することはできません。

上達をしたいのであれば、フットワークを意識して練習をしていくようにするといいでしょう。

 フットワーク知識

バトミントンを上達させるために、学ばなくてはならないのが、フットワークの知識です。

フットワークとは上達の近道でもありますので、バトミントンをもっと上手にプレーしたいのであれば、フットワーク基礎知識をつけていかなくてはなりません。

フットワークテクニックとして基本的なことは体の上下運動を減らしていく事です。

走るときに無駄に上下運動をしていれば、疲れてしまうだけではなく、素早く動くことが出来ます。

シャトルが飛んできたときにいち早く反応をするためにも、フットワークテクニックを磨いていくようにしましょう。

素早いフットワークを身につけるとかなり有利にゲームを展開できます。

どこに飛んできたかがわかったとしても、頭だけ反応するのではなく、体が反応しなければ打ち返すことが出来ませんので、素早く体が反応するようにし、シャトルに追いつけるようにしなくてはなりません。

そのためにも、体が上下しないようなフットワークを練習していく事です。

進行方向に重心を落としながら一歩を踏み出すようにし、最後の一歩に関しては、特に大きく踏み出すようにしましょう。

スポンサーリンク

フットワーク重要ポイント

最後の一歩を大きく踏み出せるようになれば、遠い位置にシャトルが飛んできた場合でも、早く追いつきやすくなりますので、シャトルをとらえやすくなります。

シャトルをうまく打ち返すために重要なのは、シャトルの落下地点に早く到達することです。

何とか打ち返すことが出来たとしても、うまく打ち返すことができなければ、ただラケットにシャトルが当たっただけになってしまいます。

それでは得点を入れることはできませんし、相手にプレッシャーを与えることもできなくなるでしょう。

うまく打ち返して得点を入れるためには、フットワーク組み合わせをうまく行うようにして、素早く落下地点に到達できるように練習をしていく事です。

 

バックサイドにシャトルが飛んできた場合には、体の回転をうまく利用しながら体を動かしていくのがポイントです。

シャトルまでの距離が遠い場合には、左足を軸にして体を回転させていきます。

体を回転させたら右足を大きく踏み出すようにすれば打ち返しやすくなるでしょう。

無理に両足を踏み出して移動することを考えるよりも、体の回転を意識しておこなっていく方が早く動くことが出来る場合もあります。

どこに落下してくるのかによって、どんな動きをするのがいいか、瞬時で判断できるようにしなくてはなりません。

そのためには、日々の練習だけではなく、繰り返し経験を積んでいく事で覚えていけるようになるでしょう。

 

フットワーク練習ポイントとしては、全速力で前後に動けるようにしていく事です。

練習を始めたばかりであれば、まだ筋力も鍛えられていませんし、体力もそれほどありません。

バトミントンをしていくうえでは、瞬発力を鍛えていくためにも、全速力で動ける時間を少しずつでも伸ばしていくようにしましょう。

 

最初は30秒程度しか素早く全速力て動くことが出来なかったとしても、練習を重ねていくうちに少しずつ長い時間全速力で動ける時間を伸ばしていくことが出来るようになります。

最初から多くを望むのではなく、意識するポイントは、少しずつでも伸ばしていけるように練習することです。

 

まずは前後に動けるように練習をしていくようにし、次に左右に動けるように練習をしていきましょう。

シングルの場合は、一人でコート全面をカバーしていかなくてはなりませんので、可動範囲を広げられるようにしていかなくてはならないでしょう。

 

素早く動くためには、瞬発力を鍛えていくだけではなく、正しい足運びによるフットワークが大切です。

足運びの方法がむちゃくちゃであれば、動くのに時間がかかることになりますので、正しく足が運べなければスピードが落ちることになります。

正しい脚運びが出来るようになれば、自然とスピードもアップしていけるようになりますので、足運びを意識しながら行っていかなくてはなりません。

フットワークの練習をするときには、毎日続けて行うことが大切です。

 

毎日続けることによって、頭で意識しなくても体が勝手に反応できるようになっていきますので、欠かすことなく続けていくようにしましょう。

バトミントンを上達するためには、フットワークの練習は欠かせません。

打ち返すための基本は、打ち返しやすい態勢を整えることでもあります。

落下地点からほど遠い位置から打ち返すのと、いい位置に移動して打ち返すのでは、結果に差が出てくることになりますので、いかに素早く動けるようになるかが勝敗を左右してくることになるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バドミントン初心者の方へ

バドミントンゲームの流れ

バドミントン初心者きほん

バドミントンに必要な道具

ピックアップ記事

  1. イースタングリップの持ち方とポイント

  2. バドミントン 守備の要 レシーブ

  3. ウエスタングリップの持ち方とポイント

  4. バドミントンに必要不可欠な体力

  5. バドミントンラケットの握り方と振り方

  6. バドミントン 速いドライブのコツ

  7. 「ヘアピンの打ち方」とポイント練習メニュー

  8. 素振りを制する者はバドミントンを制す

  9. バドミントン基礎知識

  10. ドロップとカットのコツ

バドミントン道具

バドミトンサークル・クラブ紹介【全国】

  1. 東京のバドミントンサークルを紹介「ぽかぽかサークル」

  2. 大阪のバドミントンサークルを紹介「パステルカラービギナーファースト」

  3. 東京のバドミントンクラブを紹介「BASARA」

基礎知識「バドミントン」

ページ上部へ戻る