バドミントンの楽しみ方と魅力

学生のころは、何かしら部活、体育の授業などで定期的に運動をしていた方もいるでしょう。運動神経がいい方の場合には、スポーツの試合などをした時には、それなりに活躍する場があり、周囲から注目された選手だったという方もいるかもしれません。

スポーツなどもさまざまものがあり、自分の得意なスポーツ、苦手なスポーツなどもあるでしょう。

ですが、いろいろなスポーツを体験することは、自分の運動能力を引き出すことにもなり、また、自分が楽しいと思えるスポーツに出会えることは、その後、自分の趣味として生涯楽しめるスポーツになることもあります。

また、バドミントンなどもスポーツの一つです。

 バドミントンとは

バドミントンとは、球技の一種であり、ネットなどを挟んでバドミントン用のラケットを用い、シャトルコックを打ち合うスポーツです。

 

バドミントン魅力とバドミントンの楽しみ方

バドミントンの楽しみ方、バドミントンの魅力としては、年齢や性別などはあまり気にすることなく、楽しむことが出来るスポーツだということです。

小さなお子さんから、大人であっても楽しめる室内スポーツです。

そのため、ちょっとした遊びとして楽しむこともできますし、家族や友人同士、仲間同士で、それぞれの楽しみ方などもあるでしょう。

遊びでするだけでもそれなりの運動量になるため、ダイエットや健康のために、週末などちょっとした休みを利用して遊んでみるというのもいいかもしれません。

社会人サークルなどもあるため、会社勤めなどをしている方なども、日頃、運動をしなくなって運動不足気味な方でも、そのようなサークルに参加して、定期的にバドミントンを楽しんでみるのもいいでしょう。

遊びとしてサークル内で楽しむのもいいものです。

サークル内の仲間同士で交流を深め、バドミントンだけの付き合いでなく、一緒にいろいろと遊びに出かけたり、食事をしたりとさまざまなつながりができるのも、このようなサークルでは楽しみの一つともいえます。

また、バドミントンなども大会などもあるため、ある程度バドミントンを経験し、それなりに上達したと思ったら、自分の実力を試すために大会などに参加してみるのもいいでしょう。

サークルの仲間だけでなく、知らない方との対戦も、時にはいい刺激になることもあります。

このように、さまざまな楽しみ方があるので、日頃、あまり運動をしていない方や、ちょっと体を動かす趣味を持ちたいと思っている方などは、バドミントンをしてみるのもいいでしょう。

近年では、大人になってから運動不足により、体調不良、生活習慣病になりやすい傾向もあります。

学生のころならば、ある程度運動をする機会もありましたが、仕事などをしていると、仕事の内容にもよりますが、あまり体を動かすということをしなくなる傾向があります。

加齢に伴い、筋力、体力などが衰えてくると、肩こり、腰痛、そのほかにも自身の体にとって悪影響となることもあり、できるだけ運動をする習慣を身に着けたほうが、自身の健康の維持にもつながります。

ですが、自分で運動をしようと決意してある程度の期間は運動をしていても、一人でウォーキング、ランニングをしても飽きや、やる気がなくなることで挫折してしまう方も多い傾向があります。

少しでも、自分なりに運動をすることに楽しみを見出すことも重要ですが、ウォーキングやランニングなど単独でするものに関しては、自分なりに明確な目標や強い意志を持たなければなかなか難しいものです。

その点、バドミントンサークルなどを利用して、バドミントンなり、なんらかしらのスポーツをすることで、自分一人ではなく、集団になることで、楽しみが増え、またスポーツを通じて上達、そして仲間同士での交流などを通じて、より自分のモチベーションを保っていくことができます。

そのため、健康のため、運動不足解消などちょっと自分でも何かしなければと思う場合には、バドミントンに限らずなんらかの運動をすること、そして自分一人では、長期間、運動することが難しいと考えるならば、社会人サークルなどに参加して共に運動をし、自分と一緒に楽しみながら交流できる仲間を探してみるのも一つの手段です。

バドミントンなどは、年齢などをあまり気にせず始めることができるので、軽く運動をしたいと思う場合には、おすすめともいえるでしょう。

小さな子供であっても、それなりの期間練習を積んでいる場合には、大人でも太刀打ちできないということもあります。

相手が子供だからと油断しているとあっけなく負けてしまうこともあるでしょう。

しかし、ある程度練習を積めば、バドミントンというスポーツはそれなりに上達するものです。

ある程度練習を積み、上達することで、バドミントンや交流の楽しみの幅もまた増えていくこともあるでしょう。

自分のペースであせらずゆっくりと上達していきましょう。

ある程度上達したら、試合などをして自分の上達ぶりを実感してみることも、そこから新たな目標などができることもあるため、ある程度練習を積んだら試合なども経験してみるといいでしょう。

そんな頃には、既にバドミントンの魅力にとりつかれている頃だと思います。怪我なく素敵なバドミントンライフを送ってください。

バドミントン関連ランキング「Amazon」

ピックアップ記事

  1. 2017-3-24

    バドミントングリップテープの種類と重要性

    運動不足の解消に、スポーツをするというのは有効な手段です。 また、スポーツといってもいろいろな…
  2. 2017-1-29

    バドミントンバッグの種類

    バトミントンバッグは、最初にラケットを購入した時についてくる1本だけが入るタイプのものをそのまま利用…
  3. 2017-1-28

    バドミントンラケットの選び方

    バトミントンをする時にシューズと同じぐらい重要かもしれないのがバトミントンラケットの選び方と言えるか…

ピックアップ記事

  1. 2017-3-24

    バドミントングリップテープの種類と重要性

    運動不足の解消に、スポーツをするというのは有効な手段です。 また、スポーツといってもいろいろな…
  2. 2017-1-29

    バドミントンバッグの種類

    バトミントンバッグは、最初にラケットを購入した時についてくる1本だけが入るタイプのものをそのまま利用…
  3. 2017-1-28

    バドミントンラケットの選び方

    バトミントンをする時にシューズと同じぐらい重要かもしれないのがバトミントンラケットの選び方と言えるか…

基礎知識「バドミントン」

  1. バドミントンをする時に覚えておきたいのが、グリップの持ち方です。 持ち方によって、シャトルを打…
  2. ヘアピンとは バドミントンのヘアピンはスマッシュなどの大技ではありませんが、こちらもバドミントンを…
  3. ロブ(ロビング)とは ネット付近に落ちてきたシャトルを相手のコートの奥まで打ち上げるショットです。…
  4. バドミントンがなかなか上達しなければ試合をしてみても、いつも負け続けになってしまいます。 それ…
  5. バドミントンを始める時にはラケットの持ち方が重要となります。 友人同士で遊び感覚でバドミントン…
ページ上部へ戻る