バドミントンにおいて、レシーブは守備の要です。

相手からのスマッシュを確実に拾って失点を防ぐ。

攻撃を拾うだけでなくカウンターとして攻撃に転じる。

守備の要のレシーブですが、防御だけでなく攻めに転じるきっかけにもなります。

レスーブをマスターして、バドミントンのステップを一つ上げましょう。

 

スポンサーリンク

レシーブの構え方

レシーブを確実に打つには、まず構え方、それも足の使い方がポイントになります。

両足を肩幅よりも広く開いて膝を柔らかく曲げます。

足を開いておくのは、より遠い所へシャトルが落ちても素早く移動するため。

膝を曲げておくのは、上体の移動だけでレシーブを返すためです。

姿勢は前傾姿勢で、スピードのあるシャトルにも反応できるように構えましょう。

レシーブは相手からの攻撃を確実に拾う技術ですから、自分の前後左右どこにシャトルが来てもフットワークで拾わなければなりません。さらに、頭より上、肩から腰、膝より下など高さも様々なシャトルの軌道にも対応出来るような構え方、打ち方をマスターする必要があります。

 

レシーブの種類1.ロングレシーブ

相手コートの奥へ打ち返すレシーブを「ロングレシーブ」と呼びます。

レシーブの種類の中では一般的なレシーブです。

シャトルの滞空時間が長くなるので、レシーブ後に相手からの攻撃に備える時間を作る事が出来ます。

 

レシーブの種類2.ショートレシーブ

相手コートの手前へシャトルを落すレシーブを「ショートレシーブ」と呼びます。

バレーボールに例えると、フェイントの様なレシーブで、意表を突いた攻撃にも利用されます。

 

レシーブの種類3.カウンターレシーブ

「カウンターレシーブ」は文字通り、攻撃されている局面から一気に反撃に出るためのレシーブです。

シャトルのスピード、コースに決められた定義はなく、相手の守備が手薄になったポイントを狙って打ち返します。

 

レシーブの種類4.アタックレシーブ

「アタックレシーブ」も「カウンターレシーブ」同様、攻撃に転じるための打ち方です。

インパクトの瞬間に肘を使って「プッシュ」のように打ち返します。

 

確実なレシーブのために

バドミントンはシャトルをコート(地面)に落としたら負けるスポーツです。

つまり、レシーブが出来ないと勝てません。言い換えれば、レシーブが確実にできればバドミントンの試合で勝率が上がります。

勝てる攻撃(ショット)と負けない防御(レシーブ)。

この二つのバランスが取れたプレーヤーがバドミントンでは最も優れたプレーヤーと言えます。

ここまではレシーブの構え方、レシーブの種類をご紹介しました。

負けないレシーブ、確実なレシーブのための打ち方

いよいよ負けないレシーブ、確実なレシーブのための打ち方をご紹介します。

フォアハンドでのレシーブ

レシーブをフォアハンドで打つ事は、初心者には難しいかも知れません。

実際、あるレベル以上の選手のゲームを見ると、バックハンドでレシーブを返している例がほとんどです。しかし、実戦のゲームではどのコースにシャトルが飛んできても打ち返せるように、フォアハンドでもレシーブのトレーニングをしましょう。

フォアハンドのレシーブのコツは、大振りしない事、シャトルとの距離を見極める事の二点です。

フォアハンドではラケットと体の間に大きな空間が出来るため、大振りしがちです。ラケットを腕から振るのではなく、肘から振るようにコンパクトな振りを意識して下さい。

大振りしないために、シャトルと自分の距離を正しく見極める事が重要になります。シャトルの軌道と自分のスイングからインパクトの瞬間にコントロールしやすい位置、最大のスピードが出せるポジションを見極めて下さい。

自分の最も得意とする位置でシャトルを捉えられるようにフットワークの練習も欠かせません。

バックハンドのレシーブ

バドミントンの試合を見ていると、多くの選手がバックハンドでレシーブを打ち返しています。バックハンドでレシーブを打つ際には、大振りにならずコンパクトなスイングが可能になるのがその理由です。

ただ、先述の通り実戦のゲームではどの軌道にシャトルが来ても確実に対応する必要があります。

フォアハンド同様バックハンドでもレシーブを確実に打つ練習をしておきましょう。

バックハンドでのレシーブの打ち方のポイントは、肘から振る事です。

シャトルの軌道を読んで、素早くフットワークで回り込み自分の打ちやすいポジションから肘を使ってシャトルをコントロールしましょう。

胸元、腰、どの様な高さでも肘から先のコンパクトなスイングでレシーブが返せる様に繰り返しトレーンングして下さい。

初心者向け レシーブの練習方法

初心者がレシーブをマスターするのに効果的な練習方法があります。

それは、「壁打ち」です。壁に向かってレシーブを繰り返し何度も打って、ラケットの握り方、手首の返し方、肘の曲げ伸ばし、フットワーク。トレーニングに必要な事を壁打ちで確かめながら習得して下さい。

壁打ちとはいえ、実戦でのスマッシュやコースの打ち分け、バリエーションを考えて実戦のイメージトレーニングも兼ねた練習にしましょう。

 

レシーブ まとめ

バドミントンの守備の要、レシーブのコツ、練習方法をご紹介しました。

レシーブの構え方、握り方も重要ですが、実戦で役立つのは観察眼です。

相手のフォームからシャトルのコースを読む。

ゲームの流れから相手の次のショットを読む。

そうした読みの積み重ねが確実なレシーブと効果的なショットを勝利に導きます。

TVや試合の観戦もそうしたゲームの流れ、選手のフォームに注目して観察眼を養いましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バドミントン初心者の方へ

バドミントンゲームの流れ

バドミントン初心者きほん

バドミントンに必要な道具

初心者におすすめラケット

ピックアップ記事

  1. フットワークがバトミントン上達の近道「フットワークの知識とポイント」

    バドミントンがなかなか上達しなければ試合をしてみても、いつも負け続けになってしまいます。 それ…
  2. バドミントン初心者のために。きほんのキ

    オグシオブーム以来、高橋礼華/松友美佐紀選手の女子ダブルス、男子では桃田賢斗選手ら活躍がめざましい日…
  3. イースタングリップの持ち方とポイント

    バドミントンを始める時にはラケットの持ち方が重要となります。 友人同士で遊び感覚でバドミントン…
  4. ドロップとカットのコツ

    バドミントンは頭脳戦のスポーツです。 ラリーでいかに相手の読みの裏を突くか。 長いゲーム…
  5. バドミントン 速いドライブのコツ

    バドミントンのドライブは、ネットの高さギリギリにシャトルを打ち、床(コート)と平行に飛ぶスピードのあ…
  6. 素振りを制する者はバドミントンを制す

    スポーツはイメージトレーニングが重要です。 陸上短距離のスタートダッシュ、スキージャンプの踏み…
  7. 「ヘアピンの打ち方」とポイント練習メニュー

    ヘアピンとは バドミントンのヘアピンはスマッシュなどの大技ではありませんが、こちらもバドミントンを…
  8. バドミントンに必要不可欠な体力

    バドミントンは過酷な競技です。 試合になるとスマッシュ、レシーブといった激しい動作を2時間以上…
  9. 「ロブの打ち方」とポイント練習メニュー

    ロブ(ロビング)とは ネット付近に落ちてきたシャトルを相手のコートの奥まで打ち上げるショットです。…
  10. バドミントンにおけるフェイントのメリットとやり方

    スポーツというのは強くなったり弱くなったりといったことを繰り返すものですが、強くなったスポーツはやは…

基礎知識「バドミントン」

  1. どのスポーツでも体の動かし方がスポーツをする中で、とても重要な要素のひとつとなります。 「小さ…
  2. スポーツはイメージトレーニングが重要です。 陸上短距離のスタートダッシュ、スキージャンプの踏み…
  3. バドミントンがなかなか上達しなければ試合をしてみても、いつも負け続けになってしまいます。 それ…
  4. バドミントンは頭脳戦のスポーツです。 ラリーでいかに相手の読みの裏を突くか。 長いゲーム…
  5. ロブ(ロビング)とは ネット付近に落ちてきたシャトルを相手のコートの奥まで打ち上げるショットです。…

バドミトンサークル・クラブ紹介【全国】

  1. 東京のバドミントンクラブを紹介「BASARA」

    東京で活動をしているバドミントンクラブ。2018年から活動を開始したバドミントンクラブみたいです。「…
  2. 愛知県のバドミントンサークルを紹介「バドミントンサークル学生会」

    愛知県で活動をしている学生のバド部員のバドミントンサークル。サークルの目標が「昨日の自分を越えてやる…
  3. 大阪のバドミントンサークルを紹介「パステルカラービギナーファースト」

    パステルカラーは大阪市内で活動している「パステルカラー ビギナーファースト」バドミントンサークルです…
ページ上部へ戻る