「プッシュの打ち方」とポイント練習メニュー

このほど、リオオリンピックでの活躍を目にされた方も多いでしょうが、日本のバドミントン界において非常に嬉しい結果が舞い込んできました。

これを機に、これまで以上にバドミントンに本格的に取り組みたい、と考えるお子さんもぐっと増加している事でしょう。

 

スポンサーリンク

プッシュとは

そこで今回は、バドミントンの技術の中でもスピードと攻撃力に優れた戦法である、バドミントンプッシュの打ち方ついてご紹介したいと思います。

これはオーバーハンドロークといい、ラケットを頭の上辺りで振る基本の打ち方であり、シャトルを前方に押し出すようにして相手のコートに向けて叩き込む打ち方になります。

使う位置としては、ネットに近い辺りで行う打ち方で、上からたたきつけるようなスマッシュとは多少異なります。

 

プッシュのポイント

ポイントとしては、構えるラケットの位置をあまり身体に近づけすぎない事があげられます。

ラケットを大きく振り過ぎないように、コンパクトなスイングがポイントとなります。

ネット付近での早い速攻攻撃時に使う打ち方の為、相手からの戻るシャトルも非常に早くなると考えられます。

あまり身体に近づけすぎていると、対応しづらくなります。常にシャトルを打つときは体の前で捉えてください。

肘を後ろに引きすぎてしまうと、タイミングがズレたり、角度がつかなくなります。

肘は後ろに引かず、手首をコンパクトに引きタイミングを合わせながらラケットを後ろから押し出す様に打つことがポイントです。

またネットに近づきすぎると、後ろに振られた時に戻るのが大変になる為、前方に引かれているショートサービスラインの辺りを目安に位置をキープすると打ちやすくなります。

 

プッシュ練習メニュー

練習メニューとして、このプッシュの打ち方をきちんとマスターしておくことはとても大切です。

速い動きに俊敏に対応し、相手に負けないプッシュの打ち方をマスターするとよいでしょう。

基本をきちんとマスターしたうえで、更に高い技術を身につけ、将来のオリンピックの舞台で更なる活躍がみられる事を期待しています。

バックハンドで強いプッシュを打つとてもわかりやすい動画です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. バドミントン基礎知識

  2. イースタングリップの持ち方とポイント

  3. 「ヘアピンの打ち方」とポイント練習メニュー

  4. フットワークがバトミントン上達の近道「フットワークの知識とポイント」

  5. ウエスタングリップの持ち方とポイント

バドミトンサークル・クラブ紹介【全国】

  1. 東京のバドミントンクラブを紹介「BASARA」

  2. 大阪のバドミントンサークルを紹介「パステルカラービギナーファースト」

  3. 東京のバドミントンサークルを紹介「ぽかぽかサークル」

基礎知識「バドミントン」

ページ上部へ戻る