バドミントンの練習前の食事って、どんなことに注意すればいいの?

バドミントンの練習前の食事に気を使うことは、とても大切なことだと言えるはずです。この記事では、バドミントンの練習前の食事について注意してもらいたいことを、紹介してゆきます。はたして、バドミントンの練習前の食事では、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

 

 

■私が実践しているバドミントン練習前の食事の気配り

 

普段私が実践している、「バドミントン練習前の食事に対しての気配り」を紹介してゆきます。

ここで紹介することを守れば、いい状態の体で練習に入ることができるため、高パフォーマンスを発揮することができるでしょう。ぜひ、バドミントンの練習前には、ここで紹介することを実行してみてください。

 

スポンサーリンク

◇普段からバランスの整った食事を摂っておく

 

大前提として、「普段からバランスの整った食事を摂っておく」ということが大切になります。いくら、練習前の食事に気を使ったとしても、普段の食事が疎かですと、充実したバドミントンの練習を実現させることができません。

「練習開始30分前までに食事を済ませておくことが大切」と、後述いたします。しかし、昼食を抜くような食生活が続いている中で、「練習開始30分前までに食事を済ませておく」ということを実行しても、練習中に高パフォーマンスを発揮することはできないのです。

必ず、練習がある日と無い日に関わらず、普段からバランスの整った食事を摂るようにしてください。

 

 

◇練習開始30分前までに食事を済ませておく

 

練習開始まで30分を切ったのにも関わらず食事をしてしまうと、お腹が重たい状態で練習を開始しなければいけません。また、練習開始まで30分を切った状況で食事をしてしまうと、横腹が痛くなってしまい、最悪の場合は練習を中断せざるを得ません。これでは、充実したバドミントンの練習にはつながりませんよね。

やはり、いい体の状態でバドミントンの練習に参加するためには、練習開始30分前までには、食事を済ませておくべきでしょう。

 

 

◇練習開始まで30分を切ったら、なるべくカロリーを摂らない

 

練習開始30分前までに、食事を済ませておくことが大切です。しかし、せっかく練習30分前までに食事を済ませたのにも関わらず、お菓子などを食べてしまったら、やはりお腹が重い状態で練習を開始することになります。

練習開始まで30分を切ったら、お菓子なども含めて、なるべくカロリーを摂らないようにしたいものです。

ちなみに、ジュースなんかも、意外とカロリーは高いものですよ。やはり、いい体の状態で練習に参加するためにも、飲み物のカロリーにも注意をしてゆくべきでしょう。

 

 

◇カロリーを摂る場合は、飴などの軽いものにする

 

ただ、練習開始直前に、空腹を感じてしまうことがあるかもしれません。やはり、空腹を感じながら練習をしても、集中することはできませんよね。

練習開始直前にカロリーを摂取したい場合は、飴などの軽いものにしてみてください。このように、カロリーの低いものであれば、練習直前に摂取しても、お腹が重い状態になることはありません。

また、空腹を感じたときに水分補給を行うと、空腹を和らげることができるものですよ。特に、スポーツドリンクなど、軽く糖分が入っているものがオススメです。

 

◇水分補給はきちんと行う

 

練習前であっても、水分補給はきちんと行うようにしましょう。間違っても、「満腹にならないように」と、水分を制限するようなことはしないでくださいね。

当たり前のことですが、喉が渇いた状態で練習をすると、体調が悪くなってしまう可能性があります。

ただ、練習前の水分補給は、水やスポーツドリンクなど、「運動に好ましいもの」を飲むようにしてください。例えば、炭酸飲料なんかを飲んでしまうと、練習中に横腹が痛くなって、休憩せざるを得なくなってしまうかもしれません。

 

 

■練習前に食事をしたい場合は?

 

もちろん、可能であるのなら、練習前には食事をしないことが大切です。ただ、練習前に食事をしたくなることもあるでしょう。ここからは、そんな練習前に食事をしたくなったときの対処法について、提案をしてゆきます。

ここから紹介することを守っていただければ、体に負担がかかることはないはずです。

 

 

◇練習後に食事ができないかを考える

 

練習直前に「食事をしたい」と思ったとしても、「練習後に食事ができないか」と考えることが大切です。

例えば、「水分などで空腹を補う」など、工夫次第では食事を練習後に回すことが可能でしょう。

食事を練習後に回せば、それだけ充実した練習にすることができます。ぜひ、「食事をしたい」という気持ちに従う前に、「練習後に食事ができないか」ということを考えてみるようにしてください。

 

 

◇水分などで空腹を補う

 

「食事をしたい」という気持ちを我慢して、水分補給で空腹を紛らわすという手もあります。だいたい、500ml程度の水分を補給すれば、空腹の紛れを実感することができるでしょう。また、飴などの軽い食べ物を口に入れるだけでも、意外と空腹は紛れるものです。

練習直前は、食事を摂らないで済むのなら、それに越したことはありません。だからこそ、練習直前に空腹を感じたときは、「水分補給」「飴などの軽い食べ物を口に入れる」などを行って、なるべくカロリーを摂らないようにしてもらいたいのです。

 

 

◇ガッツリ系の食事は避ける

 

仮に、練習直前に食事をする場合でも、カロリーの高いガッツリ系の食事は避けるようにしてください。

当たり前ですが、ガッツリ系の食事を摂った後にバドミントンの練習をしても、高パフォーマンスを発揮することはできません。

どうしても練習直前に食事をしたいのなら、和食中心など、軽めの食事を心がけることが大切なのです。

「少々物足りないくらいの食事」を意識してみると、練習にもあまり支障をきたすことはないでしょう。

 

 

◇満腹になってしまった場合は、練習メニューを軽いものにする

 

ただ、練習直前の食事に気を使っても、満腹になってしまうこともあるでしょう。私なんかは、我慢ができず、練習前にガッツリとパスタなどを食べてしまったことがあるものです。

このように、練習直前に満腹になってしまったとしても、体をもとに戻すことはできません。そのため、練習メニューを軽いものにして、なるべく体に負担をかけない工夫をすることが大切になってきます。

軽いメニューからこなしてゆき、自分の体と相談しながら、練習を進めていってくださいね。

 

 

■練習前の食事に気を配れば、高パフォーマンスを維持できる

 

せっかく、バドミントンの練習をするのですから、充実した練習にしたいですよね。やはり、充実した練習にするためには、練習前の食事に気を配り、高パフォーマンスを発揮できる状態にしておくことも大切なのではないでしょうか。

特に、「2週間に1度しか練習できない」など、練習頻度が低い人は、練習前の食事に気を配ってもらいたいものです。

いわば、練習前の食事に気を配るということは、バドミントン上達への近道だと言っても過言ではないのです。

 

 

■まとめ

 

バドミントンの練習を充実したものにするには、食事に気を配ることが大切です。きちんと、練習で高パフォーマンスを発揮するためにも、練習開始30分前までには、食事を済ませておくようにしてください。

また、どうしても練習直前に食事をしたい場合は、「ガッツリ系の食事を避ける」など、なるべく練習に支障をきたさない食事を意識するようにしてくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バドミントン初心者の方へ

バドミントンゲームの流れ

バドミントン初心者きほん

バドミントンに必要な道具

初心者におすすめラケット

ピックアップ記事

  1. バドミントン初心者のために。きほんのキ

    オグシオブーム以来、高橋礼華/松友美佐紀選手の女子ダブルス、男子では桃田賢斗選手ら活躍がめざましい日…
  2. ドロップとカットのコツ

    バドミントンは頭脳戦のスポーツです。 ラリーでいかに相手の読みの裏を突くか。 長いゲーム…
  3. バドミントンに必要不可欠な体力

    バドミントンは過酷な競技です。 試合になるとスマッシュ、レシーブといった激しい動作を2時間以上…
  4. バドミントン 速いドライブのコツ

    バドミントンのドライブは、ネットの高さギリギリにシャトルを打ち、床(コート)と平行に飛ぶスピードのあ…
  5. イースタングリップの持ち方とポイント

    バドミントンを始める時にはラケットの持ち方が重要となります。 友人同士で遊び感覚でバドミントン…
  6. 「ロブの打ち方」とポイント練習メニュー

    ロブ(ロビング)とは ネット付近に落ちてきたシャトルを相手のコートの奥まで打ち上げるショットです。…
  7. ウエスタングリップの持ち方とポイント

    バドミントンをする時に覚えておきたいのが、グリップの持ち方です。 持ち方によって、シャトルを打…
  8. バドミントン 守備の要 レシーブ

    バドミントンにおいて、レシーブは守備の要です。 相手からのスマッシュを確実に拾って失点を防ぐ。…
  9. 「ヘアピンの打ち方」とポイント練習メニュー

    ヘアピンとは バドミントンのヘアピンはスマッシュなどの大技ではありませんが、こちらもバドミントンを…
  10. 素振りを制する者はバドミントンを制す

    スポーツはイメージトレーニングが重要です。 陸上短距離のスタートダッシュ、スキージャンプの踏み…

基礎知識「バドミントン」

  1. スポーツというのは強くなったり弱くなったりといったことを繰り返すものですが、強くなったスポーツはやは…
  2. オグシオブーム以来、高橋礼華/松友美佐紀選手の女子ダブルス、男子では桃田賢斗選手ら活躍がめざましい日…
  3. バドミントンは過酷な競技です。 試合になるとスマッシュ、レシーブといった激しい動作を2時間以上…
  4. ロブ(ロビング)とは ネット付近に落ちてきたシャトルを相手のコートの奥まで打ち上げるショットです。…
  5. バドミントンがなかなか上達しなければ試合をしてみても、いつも負け続けになってしまいます。 それ…

バドミトンサークル・クラブ紹介【全国】

  1. 東京のバドミントンサークルを紹介「ぽかぽかサークル」

    東京で活動をしているバドミントンサークル。長く活動しているだけあり、規約などもしっかりとしていますね…
  2. 愛知県のバドミントンサークルを紹介「バドミントンサークル学生会」

    愛知県で活動をしている学生のバド部員のバドミントンサークル。サークルの目標が「昨日の自分を越えてやる…
  3. 東京のバドミントンクラブを紹介「BASARA」

    東京で活動をしているバドミントンクラブ。2018年から活動を開始したバドミントンクラブみたいです。「…
ページ上部へ戻る